地球科学を学びながら走る博士学生の考えること

旅の始まりはきっと近くにあってだな

つながってたい

 

昨日もこのブログで話した、最近うちの研究所にやってきた留学生と、いつもの部屋のメンバーたちとご飯を食べにいって来た。いつもの部屋のメンバーたち、と言っても一緒に飲み会はおろか、ランチも行ったことがなかった。

別に中が仲が悪いわけじゃないのだけれど、みんな結構個人主義的というか、自分の研究に没頭するタイプの人が多くて、わざわざ誰も一緒にご飯行きましょうとか、飲みに行きませんかとか、そういう習慣が当たり前のようになかっただけだったのだ。とはいえ、違う学科の友人をみたりするとよく飲みに行ったりとかもあるし、うすうす自分のなかでは、どうも居心地の悪さを感じていたのだが。

そんな中で、初めて今日みんなでご飯行こうという話になって、留学生の二人の率直な日本、というかうちの研究所の印象を聞くことができた。

初めて来た人にとっては、やっぱり奇妙に映るらしい。同年代の友達たちとこんなにも話さないし、何よりも人と人とがdistant、距離があるって。確かになあって、頷くことだった。ああ、申し訳ないなあって。彼らに対してもだし、日本人のイメージがそうなってしまうのが、自分がそういうイメージを彼らに与えてしまうのが、情けないなあと。

自分がロシアのモスクワ大に行った時、たくさん案内をしてくれた研究員の方がいたり、オペラのチケットをいただいたり、演劇やウォッカの飲み会に誘ってくれたりしたこともあったなあ。「おそロシア」と言われるあの国の人々にもたくさん助けられ、初めてのその地でビビりまくっていた自分たちがどれほど落ち着きを、安らぎを、歓迎を得たか肌身を持って感じていたはずなのに。

僕らは、必要以上にシャイで、ナーバスなんだと思う。

そう留学生の一人に伝えた。

彼女は、日本に来てから本当にはじめは孤立しているように感じていたし、話をする人もいなくて孤独だったと打ち明けてくれた。僕のような人はそんなに少なくもないはずで、日本人の中にはいつの間にか、歳をとるにつれて、「ホンネ」と「タテマエ」のその駆け引きに翻弄され、いつの間にか相手との距離を置くようになってくることがしばしばあるように思う。

その駆け引きが見えない留学生には、ただただそれが冷たく、自分が受け止めてもらえてないし、無視されているように感じるって言うのは、至極もっともなことだよなあ。

 

ナーバスだしシャイだし、それは僕も抱えているし、日本人の中にもそういう人は多くて。だけど、わかって欲しいのは、みんな本当は話したいし、打ち明けたいし、親切にしたいし、笑っていたいんだよって。

シャイとナーバスさに勝つまでにちょっとの葛藤があって、なかなか出てこれないこともあるけれど、それはあなたを無視しているわけではないし、嫌いなわけじゃない。

ゆっくりだけど、少しずつ知り合っていくと、ゆっくりだけどみんな心を開いてくれるよ。

 

僕たちと言う主語で、そう伝えてみなけれど、きっと それは自分のことだったように思う。

帰り道、日本人の中に紛れてその子がトランプゲームをしているのをみた。前からそうだった?わかんないけれど、そうやって心を開こうとしているのをみて、とてもうれしかった。自分の言葉でちょっと勇気出してもらえたのかな。

 

僕らがちょっとの恐れに負けて、関係を閉ざして殻に閉じこもることで、人一人の生活が孤独になってしまうし、誰か一人がちょっとの勇気でそれから踏み出すと、それが伝わってなにか温かい関係が生まれるのを今日は感じた。

なによりも、お昼ご飯に誘った日本人の学生たちも、みんなでの食事、行きたいって思ってたらしかった。

 

ああ、やっぱみんなそうだったのかな。

 

繋がっていたいし、笑いたいし、受け止めてもらいたい。

親切にしたいし、誰かを助けたい。

そんな一人一人の人柄がみんなあるんだって、一人じゃなかったと安心した。

 

人によってはなんのこっちゃと思う出来事かもしれないけど、ちょっとの変化が、起き始めた気がして、忘れないように今日も綴った。